TODRAW ホーム > 採用情報 > インターンシップ


東京ドロウイングでは就業体験を通じ、提供する業務内容について実践的に実習して頂き、そこで学んだ経験や出会いが自己発見や適性、今後の進路やキャリアの確認に繋がる機会としてインターンシップの実施を推進しております。

インターンシップは、主に3〜5日間のプログラム内容となっており、業務内容や弊社の会社説明、教材を使用した設計実務等に携わる事が出来、実際の企業で働く雰囲気と業務内容を感じることが出来ます。参加された学生さんの感想を通じて、就職活動中の皆様が弊社で働くイメージに繋がってもらえれば幸いです。


実習期間 8月初旬 〜 下旬
実習内容
Aコース:回路設計の実務体験
会社概要・業務内容の説明、VHDLによる回路設計方法の習得、VHDL回路設計業務


Bコース:実装設計の実務体験
会社概要・業務内容の説明、基板配置・配線業務の習得(CAD等 設計言語の習得)、 基板配置・実装業務


過去参加学校 宇都宮大学、石川工業高等専門学校、関東職業能力開発大学校、金沢工業高等専門学校、
金沢大学、小松工業高等学校、東北学院大学、東北工業大学、東北職業能力開発大学校、
山形大学
  参加された学生の声
Aコースを
体験されたAさん
今まではC言語しか勉強してなかった為、初めてVHDLでプログラミングをすることになり不安でしが、段々と理解出来るようになり、とても勉強になりました。
最終目標の課題に対するプログラムまでは作ることが出来ずとても残念でしたが、社員の皆様から実際の企業の業務の説明やこれからの大学生活に役立つ知識をたくさん聞くことができ、充実したインターンシップを送ることができ、とてもよい経験になりました。
Aコースを
体験されたBさん
VHDLプログラミングで実際に『モノを作る』内容を学びましたが、単にプログラミング方法を学ぶだけでなく、「仕様の理解」「動作確認」「論理設計」等、設計における幅広い体験が出来ました。
学校では学べない専門知識も学ぶことが出来、指導内容においても、モノを完成させる為の「答え」よりも、「どういう原理か」「どういった意味があるか」といった、考え・理解する事を前提とした指導であった為、非常に良い経験になりました。今後の大学生活や就活でも今回の経験を活かせればと思います。
Bコースを
体験されたCさん
短い期間でしたが学校とは違う雰囲気があり、慣れるのにとても苦労しました。しかし、周りの社員の方々が色々話しかけて頂いたことで、緊張がほぐれとても助かりました。
東京ドロウイングでは、『納期』を守ることで他社からの信頼につなげ、またその納期を守る為に『チームワーク』を大切にし、お客様の大切な情報を外部に漏らさない『機密保持』を徹底するという、信頼関係構築に欠かせない重要な3つを実感し学ぶことが出来ました。
このインターンシップで学んだことを今後の学校生活の中で活かし、自分の将来について考え、可能性を伸ばしていきたいと思います。
インターンシップに来られる学生の皆さんは、実際にモノを設計する業務が初めての方から、学校での経験がある方など様々ですが、弊社のインターンシップにおけるAコース・Bコース共に、会社概要から業務内容、各ツールの操作方法など、丁寧な説明から入る為、学生の皆さんにとってわかりやすく理解しやすい内容となっています。

また、学校で学んだ内容とは異なる実務体験や雰囲気といった、とても貴重な経験を得る事が出来ると感じており、そういった学生さんからの声が多く寄せられています。

参加された皆さんにつきましては、今回の経験が就職活動の成功、また社会人として就業されてからも、有効に活かされれば幸いです。
今後も学生の皆さんのご参加をお待ちしております。
Todrawの採用
募集要項
Todrawの紹介
教育研修/社内風土
福利厚生
先輩社員の紹介
採用Q&A
選考の流れ
会社説明会
インターンシップ
 
  ホーム |  会社概要  |  お問合せ  |  サイトマップ  |  ENGLISH